メンタル班勉強会『行動変容』


こんにちは!

4月24日にメンタル班勉強会を行いました。
先週に引き続き、『スポーツメンタルトレーニング教本』の勉強会です。

今回のテーマは『行動変容技法』となっており、羽倉光一(2年)が発表を担当してくれました!

発表資料の一部
中央が発表者の羽倉(2年)

今回の勉強会で特に議論が深まったのが、行動を変容させる「好子」「嫌子」について。

簡単に言うと、いいプレーを誉めるという「好子」を与えるとそのプレーを続けるようになるし、
叱るという「嫌子」を与えるとそのプレーをやらなくなる、ということです。

蹴球部員の多くは、地元の少年団でのサッカー指導にも携わらせていただいています。
「好子」「嫌子」をうまく扱っていくことは、
その場面でも重要な考え方なのではないかと感じました。

さらに詳しく知りたいという方は、下のリンクより発表資料をご覧ください!