2019シーズン新体制


筑波大学蹴球部の2019シーズン新体制が決定いたしましたのでお知らせします。

主将 加藤潤

本年の主将を務めます加藤潤です。
今年は筑波が躍心している、と評価されるような活躍をします。
今年もご声援よろしくお願いいたします。


副将 阿部航斗

副将になりました、体育専門学群の阿部航斗です。
昨シーズンは、チーム、個人共に悔しさの残るシーズンでした。
その経験を活かし、今シーズンは絶対に強い筑波を見せられるように行動していきます。
応援よろしくお願いします。


副主将 伊東朋哉

今シーズン副将を務めることになりました、伊東朋哉です。
今年は大学生活ラストイヤーということで、なんとしても蹴球部員全員でタイトルを取りに行きたいと思います。
全員でいいチームを作り上げ、最高のチームだったと言えるように1年間全力で頑張って行きたいと思います。
よろしくお願い致します。


左から阿部、加藤、伊東





主務 神田敬邦

2019シーズンの主務を務める体育専門学群3年の神田敬邦です。
筑波大学蹴球部は、タイトル獲得を目指し、ピッチ内外の当たり前を徹底します。
ファン・地域の方々、筑波大学の学生やOBOGの方々の『心を動かす存在』となれるよう精進して参ります。


副務 齋田武蔵

副務を務めさせていただきます、齋田武蔵です。
私は蹴球部がもっとより良いチームになれると信じています。
なぜなら”筑波でサッカーがしたい”という想いで集まったメンバーばかりだからです。想いには計り知れないパワーがあります。
自分たちの可能性や想いを信じてより良いチームを創り上げていきましょう!




また、以上に加え2年伊藤哲矢・槌谷大河も副務を務めます。



左から槌谷、伊藤、神田、齋田